性能にもこだわった、健康一番家のリフォーム 

今のお住まいで、何か不満はありますか?

その不満を解決しつつ、今よりもっと安全・安心・快適にしませんか。 

 

大成建託のリフォームは、大きく3つ。

 ・省エネルギーで快適な住まい。(断熱リフォーム

 ・安心で快適な住まい。(耐震リフォーム

 ・安全で使いやすい住まい。(バリアフリー、住宅設備機器取り替えなど)

 

お客様の思い出とともに今まで受継がれた古き良きものを生かし、ご要望にお応えしながら、安全・安心・快適リフォームをご提案いたします。

 

省エネルギーで快適な住まいへ:断熱リフォーム

◆断熱リフォームとは?

 「冬、寒すぎて暖房器具を2個も使うの。」 「夏、エアコンつけたって暑くってたまらないわ。」

なんて事ありませんか? もしかしたら、お宅の断熱効果が下がってきているかもしれません。

 

「断熱」とは、熱の伝わりを防ぐ(断つ)こと。

断熱効果を高めることで、快適にそして節電にも繋がります。

断熱リフォームには、床・壁・天井などの断熱改修工事や、窓の断熱改修工事などがあります。

 

 

 

◆吹付断熱材によるリフォーム

発泡ウレタンは吹き付ける事で家の隙間をシャットアウトし、優れた断熱、気密効果を発揮します。

家の内外への熱の出入りも抑え、冷暖房などの光熱費も大幅に減らしてくれます。

当社、新築工事でも使用し、お客様より好評を得ているウレタン吹付断熱を、既存のお宅にいかがですか。

 

 

◆壁の断熱工事例です。

しっかり養生してウレタンを吹付けます。

壁からの熱の出入りを抑えます。

  ◆小屋裏の断熱工事例です。

真夏、屋根からの熱で上階の部屋がムヮっと暑くてたまらない!って事ありませんか?

小屋裏を断熱することで、屋根からの熱の出入りを抑えてくれるので快適にすごせます。 

  ◆床下の断熱工事例です。

床下を断熱することで、足元からくる冷気をシャットアウト!

自然のぬくもりを感じてください。

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆窓の断熱改修工事

窓やドアから出入りする熱は、屋根や外壁よりもはるかに大きな割合を占めています。

ですから、窓対策はとても重要なのです。

たとえば、

高断熱タイプの複層ガラスは、熱の流出を軽減できるので、冬は暖房の効きがよくなります。

また遮熱タイプの複層ガラスは、熱の流入を軽減できるので、夏は冷房の効果がよくなります。

 

 

主な窓の断熱工事には、窓を交換する方法と既存の窓の内側に内窓をつける方法の2通りがあります。

内窓取付は、大掛かりな工事をすることなく簡単施工なので、おススメです。

 

◆内窓

いまある窓はそのままに、内側に断熱性の高い窓を取付けて二重窓にします。

優れた断熱性と防音性、インテリア性を兼ね備え、1年中快適に過ごせます。

さらに二重窓なので、防犯対策にも繋がります。 

工事は、今ある窓の内側スペースに付けるだけの施工で、施工時間もさほどとりません。

お気軽にご相談下さい。

 

お問合せバナー

安心で快適な住まいへ:耐震リフォーム

◆耐震改修工事とは?

耐震改修工事とは、耐震性が不足した建物を補強することです。

一般的には、壁補強が中心となりますが、住宅の場合、基礎の補強や、柱・梁など躯体の接合部補強(金物補強)もあります。

当社では、事前に耐震診断結果(※)をもとに耐震改修計画書を作成します。

(※)耐震診断について詳しくはこちら>>

 

どこをどのように補強するかを工事前にしっかり確認し、効率よく耐震性を高める為にはどうしたらよいかをお客様にご提案し、納得していただいた上で工事を行います。

詳しくは、当社耐震診断士にお気軽にご相談下さい。  

 

←壁の耐震改修工事。

 耐震改修計画書のもと、新たにスジカイや間柱をいれ補強しています。

 

 

 

 

 

 耳耐震改修工事を行なった、お客様の声はこちらをご覧ください。

 >>お客様の声

 >>施工例

 

※東日本大震災後、効果のない補強工事を行ったり、高額な費用を請求する悪徳業者が増えております。焦って補強工事だけをするのは危険ですので、お気をつけ下さい。

 

お問合せバナー

耐震改修工事 お客様の声

『改修のきっかけは、雨漏り改修と増築工事をお願いしたことでした。』 境町Y様

 

 最近、雨漏りがするようになり、家族も増えたため、大成建託さんに相談し、雨漏り改修と増築工事をお願いしました。 

 工事の過程で、耐震について説明をうけ、現在のままでは危険と感じました。そこで、耐震壁を設けたり、梁を入れ替えたりなど、壁と床の耐震性を強化する工事をお願いしました。

  そして、昨年の東日本大震災の発生。我が家は築30年以上の家ですが、幸い、壁の割れなどの被害もありませんでした。

 もし、改修の時に補強をしていなかったら、きっと2階はつぶれ、瓦も落ち、甚大な被害がでていたと思います。

 やはり、耐震診断士の的確な判断と素早い補強設計により、地震に強い家に生まれ変わったんだなと思いました。

 

 あの時、そのまま何の提案もなく工事が終わっていたらと思うと・・・。

 

 幸い震災前という工事のタイミングでしたが、補強工事をやって、本当に良かったと思います。

施工事例

耐震&屋根葺替えリフォーム    茨城県 S市

 

施工前。 堂々とした、伝統と歴史を感じる佇いです。

 
耐震診断士による、耐震診断を行いました。
隅々までしっかりと調査を行いました。

お施主様に耐震診断の結果を報告。その後、診断書をもとに耐震リフォームの計画をお施主様に説明しました。
そして、いよいよ耐震リフォームがはじまりました。
 
室内の適所に柱やスジカイや金物を入れ、建物の強度を高めます。
 外壁の適所にも柱やスジカイ、金物を入れていきます。
 
2010年12月 耐震リフォーム完了です。
旧家のおもむきそのままに、建物の強度を高めました。
 
2011年3月11日 東日本大震災。未曾有の大惨事となりました。

震災直後の建物。瓦は壊れてしまいましたが、幸いにも建物はしっかりしています。
築70年超の旧家も、しっかりした耐震工事をすることで、あのような大震災でも倒壊せず、堂々と建ち続けます。


屋根のリフォームを行いました。
屋根の面積が広いため、瓦では重量がかかり建物に負担がかかる事、そして、震災後であり瓦の入手が困難だった事もあり、鋼板葺きにしました。

完成後も、今までの堂々とした旧家は変わりませんでした。
これからも、伝統と歴史を未来に繋いでくれることでしょう。