ZEH目標公表資料

■ZEHの普及実績・目標(新築注文住宅)

 

平成28年度

実績

平成29年度

実績

平成30年度

実績

平成30年度

目標

平成31年度

目標

平成32年度

目標

ZEH受託率  0% 0% 0% 0% 0% 10%
Nearly ZEH受託率 67% 0% 0% 30% 40% 40%
ZEHシリーズの受託率 67% 0% 0% 30% 40% 50%
その他の住宅受託率  33% 100% 100% 70% 60% 50%
合計 100%  100% 100% 100% 100% 100%

★平成29年度お引渡しした住宅については、断熱など省エネルギー基準等は達成しておりましたが、太陽光発電の普及までには至らず、残念ながら目標を達成することができませんでした。

今年度は太陽光発電の普及と、より一層のZEHの普及に努めていきたいと思います。

よろしくお願い申し上げます。

 

■ZEHの普及に向けた具体策

事務所併用ショールームを拠点としして、ホームページや住宅情報誌の媒体を活用する。

周辺地域にNearly ZEH住宅の完成見学会を開催する。

ZEHとZEH以外の住宅の性能を違いを明確に提示するとともに、お客様のZEH住宅について説明し、定期的に社内セミナーにて、省エネ創エネの技術基準を周知徹底し、社員育成を実施する。

 

■ZEHのコストダウンに向けた具体策

基本計画段階で極力コンパクトな設計を心がけ、方位・敷地・開口部の位置を把握し、太陽光と太陽熱、そして風を活かした設計をする。

夏と冬の日射取得を適正化するために、意匠設計の段階からしっかりと確認することに趣を置く、すなわち「パッシブデザイン」計画を行うことによって、仕様的なコストダウンを実現する。

 

■その他の取り組み

ZEH仕様住宅でなくとも、可能な限り太陽光発電システムの搭載を目指す。

全棟で気密測定をし、相当隙間面積C値1.0以下の住宅を供給する。

冬場の日射取得や夏場の日射遮蔽など、高機能住宅の上手な住まい方を説明する。