REFORM POLICY

性能にもこだわった、健康いちばん家のリフォーム 

今のお住まいで、何か不満はありますか?
その不満を解決しつつ、今よりもっと安全・安心・快適にしませんか。

大成建託のリフォームは、大きく3つ。
・省エネルギーで快適な住まい。(断熱リフォーム)
・安心で快適な住まい。(耐震リフォーム)
・安全で使いやすい住まい。(バリアフリー、住宅設備機器取り替えなど)
お客様の思い出とともに今まで受継がれた古き良きものを生かし、ご要望にお応えしながら、安全・安心・快適リフォームをご提案いたします。

断熱リフォームで省エネルギーで快適な住まいへ

断熱リフォームとは?

「冬、寒すぎて暖房器具を2個も使うの。」 「夏、エアコンつけたって暑くってたまらないわ。」
なんて事ありませんか? もしかしたら、お宅の断熱効果が下がってきているかもしれません。
「断熱」とは、熱の伝わりを防ぐ(断つ)こと。
断熱効果を高めることで、快適にそして節電にも繋がります。
特に窓や壁から熱が入りやすく、ここを改修することがポイントとなります。

吹付断熱材によるリフォーム

発泡ウレタンは吹き付ける事で家の隙間をシャットアウトし、優れた断熱、気密効果を発揮します。
家の内外への熱の出入りも抑え、冷暖房などの光熱費も大幅に減らしてくれます。

◆壁の断熱工事例です。
しっかり養生してウレタンを吹付けます。
壁からの熱の出入りを抑えます。

◆小屋裏の断熱工事例です。
真夏、屋根からの熱で上階の部屋がムヮっと暑くてたまらない!って事ありませんか?
小屋裏を断熱することで、屋根からの熱の出入りを抑えてくれるので快適にすごせます。

窓の断熱改修工事

窓やドアから出入りする熱は、屋根や外壁よりもはるかに大きな割合を占めています。
ですから、窓対策はとても重要なのです。
たとえば、高断熱タイプの複層ガラスは、熱の流出を軽減できるので、冬は暖房の効きがよくなります。
また遮熱タイプの複層ガラスは、熱の流入を軽減できるので、夏は冷房の効果がよくなります。

主な窓の断熱工事には、窓を交換する方法と既存の窓の内側に内窓をつける方法の2通りがあります。
内窓取付は、大掛かりな工事をすることなく簡単施工なので、おススメです。

内窓

いまある窓はそのままに、内側に断熱性の高い窓を取付けて二重窓にします。
優れた断熱性と防音性、インテリア性を兼ね備え、1年中快適に過ごせます。
さらに二重窓なので、防犯対策にも繋がります。
工事は、今ある窓の内側スペースに付けるだけの施工で、施工時間もさほどとりませんのでお気軽にご相談下さい。

耐震リフォームで安心で快適な住まいへ

耐震リフォームとは?

日本全国で、毎日たくさん地震は発生しています。
首都直下地震や南海トラフ地震など、いつ・どこで巨大地震が発生するかはわかりません。

毎日、あたり前に家族が暮らす我が家。
たったの数十秒の大きな揺れで、あたり前の暮らしを失ってしまうかもしれないのです。

巨大地震は、家族みんなが自宅にいる時に発生するとは限りません。
学校・職場・スーパー・公園など、離ればなれの可能性も。
だから、万が一に備えて、自宅を「戻れる場所」にしておく必要があるのです。

そのために、まずは「家の弱点」を知ることが重要です。当社は耐震診断のプロ「耐震診断士」による現地調査・診断を実施しています。
耐震診断結果をもとに、柱や筋交い、面材や耐震金物を適材適所に使用します。
家の弱点を的確に補強することで、「地震に備えた強い家」に改修します。

耐震リフォームの流れ

①耐震診断士による耐震診断(※)を行います。
>>耐震診断についてはこちら
②耐震診断結果をもとに、耐震改修計画書を作成し、ご説明します。
どこをどのように補強するかを事前にしっかり確認し、効率よく耐震性を高める為にはどうしたらよいかをお客様にご提案し、納得していただいたうえで、工事を行います。
詳しくは、当社耐震診断士にお気軽にご相談ください。

←壁の耐震改修工事
耐震改修計画書のもと、新たに筋交いや間柱、金物等で補強します。

耐震改修工事を行なった、お客様の声はこちらをご覧ください。
>>お客様の声・施工例

バリアフリー・住宅設備機器取替で安全で使いやすい住まいへ

あたたかなシステムバスや節水型トイレ、体に優しい自然素材など、お客様の住まい方にあった設備やリフォームをご提案します。
お気軽にご相談ください。